樹木葬は自然保護にも貢献する

樹木葬は墓石で墓標を作る代わりに植樹する自然葬の一つで、日本では1999年に岩手県一関市の祥雲寺が里山を開発したことが始まりです。


散骨と違うのは墓地埋葬法という法律に従って場所を決めて遺骨を埋めるので、通常のお墓と同じ扱いになることです。
樹木葬は区画ごとに使用料や管理費を払いますが、継承者がいなくても墓地や霊園人が永代供養をしてくれます。

宗教のこだわりがなく、独身や子供のいない夫婦などが、死後は自然に還ることに共感してこの埋葬方法を選びます。
日本で樹木葬ができるのは寺院の境内やその周辺が一般的です。伐採されて木がほとんどない里山で行えば、森を維持することで社会貢献にもつながります。

寺院や境内が国立公園に入っている場合は、自然に溶け込んだ場所に埋葬されます。ただし墓参りのしづらさや墓荒らしなどの懸念によって公園の敷地内を避ける傾向があります。



墓標となる木は低木が主流で、ハナミズキやサルスベリ、ヤマツツジなどがあります。



最近日本で人気なのが桜で、この時にだけ特別に桜葬と呼ぶこともあります。

OKWaveをご紹介します。

日本人は昔から桜に馴染みがあり、サトザクラやフジザクラなどの下に眠ることを希望します。
樹木葬は曹洞宗の禅寺が主体なので、和のイメージが強い花を選んでいます。

しかし英国庭園のような敷地内に埋葬する場合があり、ダイアナやプリンセスオブウェールズなど四季を通して花を咲かせるバラを植えています。植物は墓標以外にも周辺に自分の好きな種類を植えることも可能です。