自然葬で注意しなければいけないこと

代々先祖から引き継がれたお墓に入るのではなく、自然の中に散骨する自然葬が、ここ最近注目されています。

そこには、核家族であったり、死後までしがらみに縛られたくない、自然が好きだからなど、様々な理由があるようです。


かつては、散骨は刑法に触れるのではないかと指摘されていましたが、法務省が、「節度をもって葬送の一つとして行われる限りは問題はない」という見解を示したことで、一般的に広まるきっかけになりました。



ただ、自然葬をするなら、注意しなければいけない点がいくつかあります。

まずは、遺骨をそのままの姿で散骨すると、刑法に触れるので、注意が必要です。

厳選したガジェット通信に今、注目が集まっています。

遺骨は骨だと分からないように、2ミリ以下程に粉末化します。


自然に還すということを考慮すれば、1ミリ以下にします。多くの業者が、遺骨を粉末化するサービスを提供していますので、利用すると便利でしょう。そして、他人の所有地には、許可なく散骨しないことです。

個人が所有していない山や海などに散骨するなら、飲み水となる川の上流、人が通る場所や人目につく場所は避けます。

散骨とは、遺骨をどこかに処分することではありません。



故人を見送ることが大前提ですので、散骨の際は、故人を偲び、気持ちを込めて行いましょう。日本人には、自然回帰という死生観が根付いているので、自然葬を肯定的に捉えている人も多いようです。自然葬は、多様化した現代社会の中の葬送の一つとして、今後もますます認知度を高めていくことでしょう。