現代の永代供養について

 永代供養とは、本来は子々孫々のまで先祖を供養し続けていくことをさしていましたが、現代においてその多くは寺院や墓苑での埋葬方法を意味しており、お墓参りに行けない方に代わってお墓のある寺院や霊園に対して「永代」に渡る管理および供養を依頼することを意味しています。

注意点としては、実際に永代供養を依頼しても「永代」の言葉通りに無期限にお墓の管理・供養を引き受けてくれるわけではありません。
例えば、10・30・50回忌までといった供養期間に限りがある場合や、お墓を引き継ぐ子孫が改宗によって檀家をやめ信仰的な結びつきがなくなってしまった場合には、契約が破棄される場合がほとんどです。



また、お墓のある場所が倒産や廃寺などによって消滅してしまった場合にも契約の続行は不可能になってしまいます。現代の永代供養も日々変わってきており、特に、少子高齢化が進み墓を継承する子孫に不安があり供養が期待できない場合では、生前から永代供養を希望する中高年層が増えています。

livedoorニュースに関する口コミ情報を募集しています。

また、お墓の形も個々の墓石の管理ではなく、遺骨や位牌を境内に設置した共同墓地に合祀し、所属する僧侶が共同墓地を保守管理することで永代供養としている寺院もあります。
さらに、このような埋葬方法を希望する人々が増えたことから、無縁ビジネスと呼ばれる埋葬方法を紹介するあるいはその設備を整えるような、埋葬に付随した仕事も活況になってきていることも最近の特色の一つとされています。