自分で散骨をする方法とは

亡くなった故人の遺骨を、お墓ではなく自然に還してあげたいと思ったとき、散骨という方法があります。遺骨をそのままの形で散骨することは死体等遺棄罪や墓地・埋葬等に関する法律に抵触する恐れがあるため注意が必要です。

散骨をする場合は遺骨だと分からないように細かいパウダー状に粉砕しましょう。

livedoorニュースをご提案いたします。

自分で行うのが難しい場合は専門業者に依頼をすれば可能となります。


また、どこに散骨するのかも重要なポイントとなります。

自分の私有地で水源が近く似なければ可能ですが、安易に山や川、海に遺骨をばら撒くのは条例や土地の所有者から懲罰を受ける可能性があるため要注意です。専門業者が用意している土地ならば安心して散骨をすることも出来るため、専用の場所を探すのもおすすめです。

日本や海外では遺骨を撒く際の取り決めが異なるケースがあるため、事前によく確認をしておくと良いでしょう。



また、自分の親や配偶者など、近親者の供養の場合でも、出来れば生前に故人に確認をしたり、周りの親族などとよく話し合うことが大切です。

勝手に自分の一存で決めてしまうと後々のトラブルが起こることもあります。

弔いの方法や宗教観は人それぞれであり、年代や性別によっても人それぞれの考え方があるため、お互いの考え方を確認しておくことが重要です。



近頃ではカプセルに遺骨をつめて宇宙空間に打ち上げるという夢のような方法もあるため、予算や希望に合うならば、そのような画期的な方法を選択するのも良いでしょう。